topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三ノ宮への途中 - 2013.12.08 Sun


最近更新できてません。先日の投入堂の看板?ネコ。かわいいけど意外と気のあらい子でした。ツンデレ?


冷凍庫のナメコのストックが残り少なくなるとちょっと寂しく感じます。また採りに行きたいと思いつつ行けてません。


今、三ノ宮に向かう電車のなかで書いています。これから友の結婚式。no music no lifeの友。お祝いであげたカメラをいじってます。

これからはno 嫁 no lifeとなるのでしょう。おめでとうさん。

関西最難関ルートからの八経ヶ岳 - 2013.11.12 Tue

IMG_5060.jpg
 霧に包まれた弥山小屋。
 日曜日の宿泊という事で人は少なめ。到着してすぐ同室の方と会話したことでなんだかとても安心しました。夕食から翌日の出発まで、おかげさまでいい時間を過ごすことができて感謝です。ありがとうごさいました。

IMG_5063.jpg
今回も気持ちのいい朝です。小屋で朝食を済ませて7時に出発。改めて弥山山頂を踏み、念願の八経ヶ岳山頂へ。意外と小さい山頂でしたが、これまで登ってきた山々を眺められてよかったです。

IMG_5114.jpg

IMG_5080.jpg

IMG_5165.jpg

シラビソ、トウヒの森を抜け、紅葉まっただ中のブナ林をのんびり下山でした。
IMG_5216.jpg

 今回のコース、(特に一日目)ただただすごかったの一言に尽きます。危険個所や道迷いは落ち着いて慎重に行動することでクリアすることができました。川が増水していなければもっとリラックスしてテンポよく進めたかもしれません。そんな中、無事歩き切り楽しめたことは今後の自信にもつながりそうです。今度は増水していないタイミングでまだチャレンジしてみたいですね。とりあえず夢の一つだった今回のコースをクリアできてよかったです。次はどこを目指そうか。



『大峰山系、八経ヶ岳、弥山、明星ヶ岳』
熊渡から弥山川沿い、双門コースから狼平を経由し弥山小屋で宿泊。翌日、弥山山頂、八経ヶ岳、明星ヶ岳を踏み、カナビキ尾根を使って熊渡に下山。双門コースははしご、鎖場、渡渉の連続。コースも分かりにくく、テープなど目印を常に追い続けないとすぐにコースを外れてしまう。危険個所足場の不安定な個所も多々あり気が抜けない。
八経ヶ岳、標高1915メートル、関西最高峰。また関西ではめずらしいトウヒ、シラビソの原生林が広がっている。日本百名山。

 

関西最高の・・・ - 2013.11.08 Fri

IMG_4855.jpg
 この日の二日前は雨。一日開けてるしもう水の量も大丈夫だろう。そう思っていましたが、明らかに水位は深くて、登山靴を脱いで冷たい沢に入らなければ進めない場面が何度もありました。

IMG_4891.jpg
 『奈良県の山』で紹介されているこのコースは危険度、体力度ともに三ツ星の最難関ルートの一つ。連続するハシゴ、鎖場。なんども沢を渡りながら。と思ったら斜面を登ってぎりぎりのトラバース。また沢に降りて・・・。そんな繰り返しです。

IMG_4975.jpg

 岩の上に足を置いて・・・濡れていて滑りやすそう。落ちると滝壺、急流なところも。緊張感の連続です。歩いていても立ち止まっていても『ゴォーッ』と勢いのある沢の音に圧倒され続けます。靴を脱いで渡らないといけない所は次々出てきます。正直心が折れそうになりました。

IMG_4949.jpg
 険しいだけのコースではありません。踏み跡、目印のテープの分かりにくい道なので油断していると簡単にコースを外してしまいます。迷いそうな状況も一度ありました。
 地図を確認し、目を凝らして目印を見つけるとまた足を進めます。

IMG_4952.jpg

 いつからか、ここのコースから登ることが一つの目標になっていました。目指す山頂は関西最高峰。山頂に続く道は他にもありますし、日帰り、安全で登りやすいコースがあることももちろん知っていました。
 しかし変なこだわりみたいなところがあって。『関西最高峰を制するときは敬意を表して関西最難関ルートで』と決めていました。そう簡単に最高峰を踏みたくない、そんな思いです。

IMG_4981.jpg

 山を始めておよそ三年。いよいよ憧れのコースに挑戦でした。思っていた通り、というかそれ以上に険しいコースでしたが、無事難所を抜け安全圏の避難小屋にたどり着きました。あの時の安堵感は相当でしたね。
 ここまでくればもう大丈夫。時間は3時半。ここまで約8時間かかりました。後一時間ほどのんびり行けば山頂近くの小屋に着きます。今日はそこで一泊。

 いよいよ明日は憧れの山頂へ・・・。














キノコ刈れず。 - 2013.10.26 Sat

IMG_4596.jpg
 登山道から少し下った斜面で見つけました。「ウラベニホテイシメジ」か「クサウラベニタケ」のどっちか。ホテイのほうならおいしいキノコ、クサウラなら激しい下痢、腹痛。この二つのキノコ、名人泣かせと言われるほど同定の難しいキノコだそうです。感じ的にはホテイかなーと思いましたが、もちろん食べてはいません。こわいですから。

IMG_4597.jpg
 名前が分かりません。カバイロツルタケ??

IMG_4611.jpg
 この山は登山を始めたほんとに最初の方に歩いた山です。標高も低くてアルプスのような華やかな山ではありませんが自分にとっては愛着のある好きな山の一つです。
 最初に歩いた時はヘロヘロでした。疲労感と達成感いっぱいで下山したことを覚えています。
 そして今回、およそ3年ぶりでしょうか。あっさりと歩ききってしまいました。「あ、もう山頂。」みたいな感じで。

 ずいぶん歩けるようになってきたなーとあの頃を思い出した山歩きでした。

IMG_4621.jpg
 下山中にツキヨタケの群生と出会いました。木を覆い尽くすほどの勢い。ここまでの数のツキヨタケは初めて。(ちょっと気持ち悪い)
 このキノコもシイタケやヒラタケと間違えやすいものです。ただ見分けるポイントがはっきりしているので間違えることはないです。

・・・で、結局この日は収穫ゼロでした。またリベンジしまつ。。

帰り道、安曇野のリンゴ - 2013.10.24 Thu

IMG_4503.jpg

常念岳からの帰り道。信州は安曇野。いいところですね。田園風景と言うか。のどかで、きれいでいい感じです。稲を丸めて俵みたいになっているのは牛のごはんになるんでしょうか。

IMG_4486.jpg
 関西ではなかなか見られない。リンゴ畑もそこらじゅうで目にします。意外とほっそり栽培されていて驚きです。あんまり果物を食べる習慣がないのですが、お土産に買って帰ることに。

IMG_4470.jpg
 で、道端の直売所で買ったのが「ゆうこ」というここの農家でしか買えないオリジナル品種。確かにすっごく甘い。う~んと甘い。

 あれ以来リンゴをはじめフルーツにはまり気味です。まだまだ食欲の秋は止まりそうにありません。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

しみずこぶり

Author:しみずこぶり
気持ちよく山を歩くこと。
森、沢、生き物などの自然を感じること。
山で出会った印象的な場面を写真に残したい。
頂上へたどり着いた達成感。
山で食べることのおいしさ。
下山後の温泉。
帰宅後のビール。
人との出会い。
‥等

そんなことを大事に考えて山へ行ってます。

よろしくおねがいします。

ヤマレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-22277-data.html

フリーエリア

応援、よろしくお願いします。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
お出かけ (21)
料理 (1)
野菜 (8)
山歩き (60)
近況 (11)
その他 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。